ユニークな電子・ケミカル技術を応用した電力削減

窓ガラス用遮熱断熱塗料

ARAYGA Kシリーズの特徴

赤外線を70%以上カット

熱線と呼ばれ、人が暑さを感じる一番の原因である近赤外線を40%以上吸収放射。塗るだけで-2℃~-5℃の効果があります。

オフィスや住宅の省エネルギーとCO2の削減に貢献します。

紫外線を99%カット 室内窓際物品を保護!

「ARAYGA」は、有害な紫外線を99%以上カット。皮膚ガンや、シミ、ソバカス等から身体を守ります。

また、カーテン、装飾品、じゅうたんなど、室内窓際物品の日焼けによる変色・劣化を防ぎます。

虫を寄せ付けない。

蛾やカメムシなどの昆虫は、蛍光灯などから発せられる紫外線に集まる習性をもっています。「ARAYGA」は、夜間も室内照明から発せられる紫外線をカットするので、これらの昆虫たちを寄せ付けません。飲食店やホテルなど、清潔さが大切な施設に最適です。

不燃性&抜群の透明度

「ARAYGAの可視透過性80%以上。ホテルや飲食店、ショールームなど、窓ガラスからの景観を大切にしたい業態でも、明るさや色をほとんど変化させることなく塗布できます。また、「ARAYGA」は硬化すると無機系になります。建築材料として重要な不燃性が実証されています。

傷つきにくく、しかも長持ち。

「ARAYGA」は塗布して30分で乾燥し、硬化すると鉛筆硬度で4Hのセラミック系のコーティング膜になります。高い硬度で、掃除による傷も付きにくく、気象による劣化もありません。さらに耐用年数は約10年。フィルムより長持ちです。

熱割れしにくい。

フィルムは熱を溜めやすく、厚みがあるため、網入りガラス等への施工は、ガラス・鉄線・フィルムすべての膨張率が違うために、温度変化によって熱割れする危険性があります。「ARAYGA」はセラミック系で膜厚も非常に薄いため、吸熱しても熱割れしにくい構造となっています。

断熱効果と結露低減

夏場の遮熱以外にも、冬場の暖房熱を外に逃がしにくくする効果があります。コーティング膜は、赤外線を吸収する性質があるため、室内で発生した熱は塗膜表面に滞留し続けます。そのため、窓際で発生する結露も少なくなります。もちろん、省エネ効果も高まります。

PAGETOP
Copyright © アレイガ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.